教師力向上への道。アラフォー教師の徒然日記

30代後半の小学校教員。大学院修学中。そこでの学びやこれまでの実践の振り返りを綴っていきます。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

作文に見る子どもたちの様子~今日のMVCは誰だ~

よろしければブログ村のバナークリックをお願いいたします。 いつも励みをいただいております。

  •  エアクッキング
  • MVC

 エアクッキング

 高学年を担任すると家庭科を授業することになります。家庭科と言えばあれですあれ。そう調理実習。調理実習が単元の中にある時は次のような流れで調理実習の日を迎えます。

続きを読む

素朴な性格観

よろしければブログ村のバナークリックをお願いいたします。励みをいただいております。(*^。^*)

  • 性格について考えてみよう
    •  こんなことありませんか?
    • 「私の性格」はだれが?
    • バーナム効果
    • 自己認識欲求
    • 相互作用の中の性格

性格について考えてみよう

 こんなことありませんか?

 公園のベンチに座って休んでいると目の前を一人の青年が横切っていきます。なんとなしにその青年に視線を当てていると突然青年が立ち止まります。腰をかがめ落ちていた空き缶を手につかみ、そのままゴミ箱へ。青年は優しい性格なんだなあと、こちらまで嬉しくなります。

続きを読む

帰属理論①

よろしければブログ村のバナークリックをお願いいたします。いつも励みをいただいております。(*^。^*)

  •  対応バイアス
    • ここ最近のニュースを例に
    • 行為者ー観察者効果
    • 学校現場でよく耳にしたこと

 

 何かあると、何かが起きるとその原因をどこかに求めたくなります。例えばテストで思うような点が取れなかったとしましょう。よく勉強してなかった、テストが難しかった、体調が悪かった、運が悪かった。そのように原因をどこかにもとめます。

原因帰属

と心理学では呼ばれます。今日はこの原因帰属の様々な理論、考え方の中から対応バイアスについて書いてみたいと思います。

続きを読む

一日の物語を紡ぐ パート3

よろしければブログ村のバナークリックをお願いいたします。励みになります。

dutch2017.hatenablog.com

dutch2017.hatenablog.com

 の続きです。物語風に語っていくので紙面は結構増えます。悩ましいところですが、後から見直すにはこの形が私にとってはいいようです。パート3は授業の様子を主に語っています。どんな授業をしたのか、そこでどんな力を伸ばそうとしていたのか。懐かしく読み直しています。

  •  学級だより64号(2016年5月下旬)
    • 算数科授業 
    • 組体操の様子
    • 社会科授業
    • 放課後

 学級だより64号(2016年5月下旬)

続きを読む

異種格闘技戦

 図書館でゼミレポート作成していたら、別のコースの友人から話しかけられました。インクルーシブ教育や特別支援教育について話しているうちに・・・

 

 お互いレポート持ち寄ってゼミしますか?

 

という話に。専攻も違えばコースも違う。修論のテーマも全く違う。仲間をもう少し集めて自主ゼミをすることに。その方も修論のアプローチが私や話をした方と違います。まさに異種格闘技戦

 

 来週水曜日から第一回。大学院生活の楽しみがまた一つ増えました。

道徳の教科化の流れ

 

よろしければブログ村のバナークリックをお願いいたします。励みをいつも頂いております。

道徳の教科化

 今年度4月から小学校では道徳科の授業が始まりました。娘の道徳教科書を見て「へえ、こんなのかあ」と私自身思っています。実施されてしまったので以前のようにメディアも「道徳」について報じることはありません。ついこないだまで「愛国心は教えられるのか?」「戦前の終身の復活ではないか」という議論があったような思いでもあるのですが。

 

 道徳の専門家から叱られるかもしれませんが、私自身、道徳が教科になろうとなるまいと「授業」することには変わりないなと感じています

続きを読む

一日の物語を紡ぐ パート2

よろしければブログ村のバナークリックをお願いいたします。はげみになります。(*^。^*)

  • 学級だより63号(2016年5月下旬)
    •  国語の時間
    • 給食の時間
    • 昼休みの時間
    • 算数の時間
  • 帰りの時間

 

dutch2017.hatenablog.com

の続きとなる記事です。

学級だより63号(2016年5月下旬)

続きを読む