教師力向上への道。アラフォー教師の徒然日記

30代後半の小学校教員。学びやこれまでの実践の振り返りを綴っていきます。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

学習指導要領 試案

知ってはいたけど

 昨年度末、学習指導用要領が改訂されました。教育関係者以外にはあまり興味のない出来事だと思われます。この学習指導要領、法的拘束力をもつもので、教科書や学校の教育課程に大きく影響します。10年に1度の割合で改定が行われています。

 

 戦後まもない昭和22年に最初の学習指導要領が出されました。この時は「試案」、ガイドブックのようなものです。そして続け昭和26年のものも。

 

 この昭和22年の試案をじっくりと読んでみました。存在は大学時代に知りました。この試案には「なぜこの書はつくられたか」という章が存在します。その中で印象的なものが2つ

  • われわらは児童を愛し、社会を愛し、国を愛し、そしてりっぱな国民をそだてあげて、世界の文化の発展につくそうとする望みを胸において、あらんかぎりの努力をささげなくてはならない。

 戦前の反省、GHQの意向が反映されているなと感じます。日本が突き進んでしまった軍国主義。教え子を戦地におくった教師もいたことでしょう。戦地にいくこと、国のために死ぬことを積極的に推進した学校もあったことでしょう。最初に「児童を愛し」が来るところにも、アメリカ的な経験主義、進歩主義の影響が反映されている気がします。

  • 今後完全なものをつくるために、続々と意見を寄せられて、その感性に協力されることを切に望むのである

 学習指導要領は未完成。だからこそ改訂を重ねていく。そのためには現場の意見を頂戴したい。国家が設計図を押し付けるのではなく、設計図へ参画してほしい。国が画一的に進めるのではなくそれぞれの場所でそれぞれの創意工夫ができるように知恵を貸してほしい。そんな思いが感じられるのは私だけでしょうか?教師自身が自分で研究していく手引きとして書かれたとも書かれています。

 

 それが今はどうなったか・・・。

学習指導要領等の教育課程の基準等の在り方について:文部科学省

 私の解釈では「最低基準」として位置づけられているととらえています。最低基準ということは、法的拘束力をもつということは・・・。

 

 昭和33年度から試案ではなく、法的拘束力をもった学習指導要領となります。国家が教育の最低基準を定め、それを遂行していくことは国家の責任ともいえます。しかしながら試案で述べられていた「裁量」がいかにして狭まっていくのか。そこには、社会的背景が大きくかかわってくるはずです。試案を読み、学習指導要領が国家の意図と無関係ではない、むしろ国家の意図を色濃く反映するものだと改めて感じました

 

 講義で学習指導要領の変遷を学んでいます。学びを得て、またここに書いてみようと思います。

 

 最後までお読みくださりありがとうございます。よろしければブログ村のバナークリックをお願いいたします。はげみになります。