教師力向上への道。アラフォー教師の徒然日記

30代後半の小学校教員。学びやこれまでの実践の振り返りを綴っていきます。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

一日の物語を紡ぐ

よろしければブログ村のバナークリックをお願いいたします。(*^。^*)励みをいただいております。

 

物語として紹介したいなあ

 過去に紹介した「キラリ」と光る子どもたちの姿を掲載した学級だより。

dutch2017.hatenablog.com

dutch2017.hatenablog.com

 一枚で全員を掲載したいなと思っていたのでこのような箇条書きにも近い形にしていました。一昨年はなぜかふと、「一日の時間軸の中で紹介したいな、しかも縦書きで」と思いつきそのような形で学級だよりに掲載した回がありました。今ふりかえるとこれもいいなって思います。

  • 脈略がわかる
  • 子ども同士の相互作用がわかる

からです。箇条書きで紹介すると前後の脈略はどうしても省くことになってしまいます。しかし、1日を物語ととらえ、その中で紹介していくと前後の様子がより思い出されます。また、そこに何人の子どもたちが、どの子が関わっていたのかも。一枚で1/3~1/4程度の子どもたちしか紹介できないのですが、後から振り返った時に頭の中に映像がより浮かぶなと今感じています。

 学級だより62号(2016年5月下旬)

出張だから

 火曜日、1日出張で教室を空けました。「黒板に自分を5点満点で採点しておいて。」と呼びかけていたところ、写真のような黒板になりました。

f:id:dutch2017:20180518100706j:plain

 水曜日の朝、ひとつひとつ読ませてもらいました。色々とトラブルも起きたようです。しかしながら声を掛け合ったり、助け合ったりしながら一日乗り切ってくれたようです。(帰る前に子どもたちに「ありがとう。」と感謝の気持ちを述べました。)

「キラリ」と光る姿~今週のありがとう~

 水曜日の朝教室に入る。チェックリストにチェックが入っている。後から聞くとKさんたちが帰りに机・窓・掃除道具入れ等々確認をしていてくれたよう。教室を美しくして帰ってくれてありがとう。後ろの絵を見るとMやFがコメントを書き入れてくれている。人の良さを短くまとめ相手に届けてあげる。ありがたいなと思う

 そうこうしていると一番に教室に入ってきたのはM君。少し天気が悪かったからであろう。「先生窓開けますか?」と。「開けよう」というとすぐに教室の窓開け。そういえばいつも彼が教室の空気を爽やかにしてくれている。ありがとう。

 

 朝の会。メニューは変わらず。ゲーム、ハイタッチ、挨拶リレー、5分間作文。今日から少しハイタッチを変える。「パチッ」「バシッ」音で今日の子どもたちの様子がなんとなく伝わってくる。5分間作文のテーマは「今日(昨日)のMVPは誰か。」出張中がんばっていた人を紹介する。丁度国語で具体例を使った意見の書き方を学んでいるのでその習熟も兼ねて。自学で事前にまとめ、一気に書き上げているのはN君。異性の良さにも注目して書いてくれているのはM君。細かな友だちの良さを見逃さず文にしているのはS君。ユーモアを交えながら友達の良さを表現していたのはYさん。書くことを苦にせず、具体度の高い文章をあっという間に仕上げた4人。力を伸ばしてくれてありがとう

 

 組み体操の練習では一挙手一投足が「演技」。O君は練習が終わったあとの動きがすばやい。座ったかと思うと身体の中心を指導されるS先生にサッと向ける。顔には「もっと技を教えて!」そのような意気込みが見える顔を真っ赤にして友達を肩車していたのはE君。指の一本一本に力が入っているのがわかる。葉を食いしばって歩く。「絶対友だちを支える。」その姿に感動。応援練習が始まると目に飛び込んできたのはW君の姿。顔には笑顔があふれている。これほどまでに応援練習を楽しんでいる姿はなかなか見られない。全校の手本としての6年生の姿。「楽しそうに」は全てにつながる。

 

 練習が終わり体育館の外を通って教室へ。雨だからか上がり口の床が上靴の跡で真っ黒。雑巾もってこようかなと教室に入りかけた私の横を「雑巾で拭いてきていいですか?」と声をかけてきたのはYさんとUさん。そういえば去年も同じ姿を見た。気づく目を持ち続け、行動へ移してくれる。運動会を通してそれをさらに高めていることだろう。本当にありがとう。

(隣のクラスの子も向かっていた。ありがとう。)

 

 最後までお読みいただきありがとうございます。続きは学級だより63号として明日以降紹介いたします。よろしければブログ村のバナークリックをお願いいたします。(*^。^*)励みをいただいております。